blog20210624eye

プロジェクトのマネージャーをしている阿部と言います。
普段は市民活動をしている方々のお手伝いをする仕事をしていたり、「探求型スクールC-Quest」という週1回子どもたちが自分らしくいられる居場所づくりをしています。

さて、今回は我が家の子どもたち事情のお話です。
2歳8か月になる長男と0歳6か月の長女の2人がいるんですが、上の子が典型的なイヤイヤ期に突入してしまいました。。

まさに魔の2歳児という様子で、何を話しかけても返ってくるのは「ヤダー」という返事ばかり。まだ返事が返ってくるのは機嫌が良い方で、都合が悪くなると聞こえないふりをしてきます。

一応子どもに関わることをしてきてるので、「下の子どもにママ・パパがとられちゃうと思って不安だから」「脳の発達が途中で感情のコントロールができないから」「いまはと
にかく甘えさせてあげた方がいい」というのは頭でわかっていても、いざ我が子が目の前だとこのままわがままな性格になってしまったらどうしよう・・・。と、つい厳しく叱ってしまうこともしばしば。

でも、そういうときほど悪循環でますますイヤイヤがエスカレートしていってしまうんですよね。このままではマズい!と奥さんと話し合い、しばらくは甘えん坊モード突入!とあきらめて適当にスルーしたり、好きなキャラクターの声のマネをして楽しく声をかけたり工夫をするようにしています。

おかげで最近は少しだけ落ち着いてきたかな??と感じていますが、皆さんはどんな工夫をしていますか?つながるプロジェクトのWEBサイトにはつぶやき投稿の機能もついているので、是非コメントして教えてください!(^^)

スタッフブログ その他の記事はこちら