まつどでつながるプロジェクト呼びかけ人

まつどでつながるプロジェクトに賛同して、ご協力していただいている皆様からのメッセージです。
NPO法人MamaCan
理事長 山田美和

長男が生まれてからの私は、いつも子育てで孤独を感じていました。どうしたら孤独を解消し満たされるのかわからないまま、毎日のように実家に通い気を紛らわせていたことを思い出します。
解消のきっかけはささいなこと。
深夜に帰る夫や小さな子どもにあたってしまう自分が嫌になり、「このままじゃいけない」と思っていた頃に同じように「子育てをしながら何かできないか」と考えていたママ友と話をしたこと。長男が4歳の時でした。

行動し始めた途端、松戸市には多数の子育て支援団体や相談窓口はもちろん、育児サークルや母親の居場所がたくさんあることを知り、「○○くんのママ」ではなく「私」を見てくれる人たちと接していくにつれ、徐々に自信を取り戻していきました。
もっと早くつながっていたら、孤独を感じたあの時も、夫や子どもにあたってしまったあの時も、救われたかもしれない。
ママが笑顔でいると子どもが笑顔になる。
そのために、妻でもない、母でもない、一人の人間としての自分を大切にすることが必要で、自分の生活環境だけではない、サードプレイスのような場所が大切だと感じました。

MamaCanは「ママはキャリアだ!」をコンセプトに、母親支援団体として様々な活動を行っています。しかし、MamaCanだけではサポートしきれない問題は山ほどあります。
サポートしてくれる人も場所もたくさんある。そんな、人やモノや場所とつなげることも、私たちにできる事。そう考え、「つながる」ことをコンセプトにした「まつどでつながるプロジェクト」が生まれました。

子育て中の皆さん、「つながるリンク」で情報と繋がりましょう。そして「つながるLINE」をお友達登録し、困った時に問い合わせてみてください。子育てサポーターの皆さん、周りにいる子育て中の方に、「つながるリンク」の存在を伝えてあげてください。
情報につながる、サポートにつながる、オンラインでつながる。
あらゆるつながる場所を生み出す、このプロジェクトを皆さんと共に育てていきたいと思います。