まつどでつながるプロジェクト呼びかけ人

まつどでつながるプロジェクトに賛同して、ご協力していただいている皆様からのメッセージです。
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
専務理事・事務局長 志村はるみ

3年前、「子供が学校にもいかずネグレクトの母親の世話をしているんだよね」というつぶやきからこのプロジェクトは始まりました。

制度やサービスが充実していく中でも見えない現実。

それから志ある仲間と共に、様々な関係機関、子育て真っ最中の親御さん、街の美容師さんや住民のみなさんなどと情報共有をし対話をくり返してきました。

このたび「まつどでつながるプロジェクト」として、オール松戸で子育てや子どもの孤立を予防する仕組みづくりがスタートすることになり、とてもうれしく思います。

残念ながら核家族化や共働き、ひとり親などの生活環境の変化により生じる課題は、松戸市だけの問題ではありません。このプロジェクトをモデルとし、都市近郊特有の課題解決に向けて社会に発信していけるようコミュニティ財団として引き続き尽力していきます。

そして真に誰一人取り残さない社会をみなさんと共に創造していきたいと思います。未来の担い手子どもたちがこの世に生まれてよかったと思える社会に、松戸から。